第26回 東日本少年剣道交流錬成大会

  • 日時:令和元年5月3~5日
  • 場所:結城市かなくぼ体育館

団体戦

3日目大会
                  中学生男子団体戦 準優勝❗️

絶対的エースがいない中、新一年生2人の頑張りを後ろまで繋ぎ、一本の大切さを毎試合強力に意識した結果だと思います。
一本取った後・取られた後に「残り時間」「相手の強さ」「自分との相性」を考えて、もう一本取りに行くのか、凌ぐのか、一本負けで抑えるのかなど、細かく伝えました。
選手1人1人がそれを考えて試合に臨みました。普段は一緒に稽古しててもなかなか一緒に試合に出る機会の少ない中学生。今回はよく頑張ったと思います。(石井監督)

今では恒例となったGWの結城錬成会も参加させていただくまで5年の月日を要しました。『強いだけじゃ駄目なんだよ!』本会の創始者である沼田剣桜会 田原先生の言葉を今でも忘れません。

3日間低学年〜中学生まで強豪道場の皆様に鍛えていただきました。明日からの千葉県道連全国予選に全力で臨みたいとおもいます。結城尚武館 牧野先生、松澤先生始め関係者の皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。


東日本交流錬成大会 アーカイブ

ページ最上部へ戻る